アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

理想と現実で迷う間に方法探しの旅に出てしまった【Sawaiゼミ個別相談の感想/東京都個人サロンオーナー様/50代】

2018/02/02 カテゴリー:澤居ゼミ 個別相談の声,生徒さんの声

サロンオーナー様個別相談の感想をいただきました

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

 

ファンメイクプロデューサー
澤居寿江です。

 

私のサロンでは、

 

  • トリートメントで使用する
    ホームケア製品として扱う

化粧品においては、
代理店契約をしています。

 

そのため必ず
営業担当さんがいます。

 

いつも
化粧品を通して

美容知識や
トリートメント方法

 

そして、
付随する経営知識を
いただきます。

 

個人事業ではありますが
ひとりのようで一人ではない。

 

そんな
頼もしい存在です。

 

ですから、世の中に
起業塾や個人対象のコンサルタントがいる
と言うことを

最近まで知りませんでした。

 

 

個別相談を受けていると、

「コンサルタント」のもと
サロンワークを加速させ
理想の仕事をしたかったけど・・・

 

と言うお声は少なくありません。

 

 

それでは、

 

そんな内容の

個別相談での感想をインタビューをしてみました

 

ご協力してくださりありがとうございます。

 

 

東京都
50代個人サロンオーナー様

 

個別相談乾燥

 

 

 

(個別相談)今日聞いてみたいことは何ですか?

 

(仕事が楽しいと思える理想のお客様の)
集客ができないです。

 

現在、
リピーター様はいます。

 

やりたいことが
うまくいっている実感がわかなくて…

 

自分が目指す方向を安定させたいです。

 

 

実は事前にいただいたアンケートでは、

取り扱う化粧品選びに悩んでいるとのこと。

 

 

お客様のことを思いすぎて

何が良いのか
迷走してしまったそうです。

 

 

この時点で

探究心の塊のようなご気性で
お客様を大切にされていますね。

 

 

でも、
そうなった原因は何か?

知りたいところです。

 

すると、

 

以前コンサルタントをつけて
手段を教わっているうちに

 

自分のやりたいことが
わからなくなってしまったと
お話をしてくださいました。

 

 

確かに、

 

コンサルを受けているときは
数字を追って細かく考えて動けた。

 

=売り上げが良かった。

 

 

でも、

売上げの上げ方は
やりたいことと
違うことだった。

 

 

 

根本に
こんな経験をお持ちでした。

 

 

個別相談に申し込むきっかけは何でしたか?

 

色々考えてみたけど、

自分の方向性が見えなくなり
自信がなくなってしまったので
相談にきました。

 

 

なるほど、

 

自分のこと、
お客様のこと

とても考えておられました。

 

 

何か気づきはありましたか?

 

理想と現実の中で迷うたびに
方法探しの旅に出てしまっていた。

 

 

仕事に対する目的が何なのか?

 

そこを、
しっかり明確にできていなかった。

 

 

これは

ひとりオーナー様は
登竜門ではないでしょうか?

 

「理想なんて掲げてはいけない…」
「現実に目を向けて」

 

『売上が上がるやり方』に
目線が言ってしまう・・・。

あるあるです。

 

 

とことん自分が喜べる、
好きだと感じられることを
サロンの目的にしようと思えました。

 

 

澤居はどうでしたか?

 

キャパが広い!深い!頭がいい!

普段のFBから
想像がつかないほど(すみません)
変化球でなくストレートに向かってくれる方。

 

 

どんな方に個別相談はおススメですか?

 

 

  • 感覚でサロン経営をしてる方
  • セミナージプシーしてる方

 

最後に感想をお聞かせください。

 

鍛錬されてる!

 

どんな切り口からでも、
導いてくれる力があり、

90%のリピート率が頷けます。

 

 

このプロデュース企画を受けたら
相当自信がつきそうだと思いました。

 

 

一つ一つの言葉に感謝しております。
ありがとうございました。

 

 

・・・ここまで・・・・

 

「理想のお客様に出会えない」
と思うのは、

 

自分が理想のお客様を
明確にしていないからです。

 

 

遠慮は無用!

 

売上が上がらない
予約が入らない
リピートされない

 

自分を必要とされていない感覚が

どんどん自信を失わせていきます。

 

 

なぜ、私はこの仕事がしたかったのか?

当初の強い思いを
もう一度蘇らせてみてはどうでしょう。

 


pagetop

pagetop