アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

【Sawaiゼミ】個人・自宅サロンオーナーの決断と悩みの向き合い方

2017/12/30 カテゴリー:セラピスト悩み,個人・自宅サロン経営

決断するために悩むのではなく考えること

個人・自宅サロンオーナーの悩みは尽きない、集客・リピート・物販

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり
ファンメイクプロデューサー
澤居寿江です。

 

個人・自宅サロンでは
何事も自分一人で『決断』をします。

 

 

自分のスキにできる!が
醍醐味ではありますが

 

時として、

 

正解がわからない…

そんな不安を抱くことも事実です。

 

 

『頑張っている』と言う評価は他人がすること

 

自分が何かに
夢中になって行動をしている時、

 

『私、頑張ってる!』
などと思ったことはなく、

 

むしろ、

 

この位は
『当たり前にやるレベル』
って思っています。

 

 

「最近がんばってるね」と言われて、

 

「まだまだです!」

「普通のことをしているだけです」

「もっとすごい人はいっぱいいます」

 

なんて言ってみたりして…。

 

 

思った成果がでなくて、思い悩んでいる時ほど自分で思っている

 

過去を振り返ってみると、

 

壁にぶち当たり

さ迷い

途方に暮れているとき…

 

「がんばっているつもりなんだけどなぁ~」

と、

思っている自分がいました。

 

経験ありませんか?

 

例えば、

ポスティングもしているし、
ブログも毎日書いているし…。

 

「こんなにがんばっているのに、

なぜ!新規様の予約が入らない!」

 

「毎日やってるのに、ブログって効果ない?」

 

手段のせいにしている自分・・・

 

 

「やっているつもり」になっていることがあります

 

個別相談をして感じることがあります。

 

 

  • 集客のできていない原因
  • リピートに繋がりにくい原因
  • 化粧品が思うように売れない原因

「やってはいるんだけど…」が、

がんばってるつもり

 

残念ながら

自分を慰める
言い訳になっていることが多い。

 

とっても
シュールですが

 

自分自身にも重ねて、
痛感している昨今です。

 

 

結果を出しているときこそ、まだまだって前を向いている

 

例えば、

望みを叶えている人は

 

なんだか
すごそうに見える人は

 

意外かもしれませんが、

 

自分で
「がんばってる」と言う
実感がないと思います。

 

 

むしろ、

 

まだまだ
もっと!

 

前のめりな状態では
ないでしょうか。

 

 

「がんばってるんだけどなぁ」って言葉が漏れちゃったら

 

がんばる
エネルギーの矛先が
違うかもしれません。

 

私自身、

 

カウンセリング力と言う
言葉を軸に

 

集客・リピート・物販を
繋くことを
提案しています。

 

  • うまくいかない
  • 思った通りと違う
  • こんなはずじゃなかったと思い悩むうちに

 

目線が変わってきたり
視野が狭まっちゃってるがあるのです。

 

 

目線を変えるためにすること

 

「がんばっているのに…」と
思った成果がでなくて

 

ちょっと辛くなってきたとき

 

同じ状況を経験し
先にクリアしたであろう人に

 

相談をすることをおススメします。

 

「そうだよね…」

共感だけで終わってしまう
お悩み相談は

 

ただの愚痴で終わります。

 

分かり合えるだけの
相談は、

 

その先も
同じことを繰り返すだけになります。

 

 

共感をしながら
アドバイスが出てくる
経験者に

 

ぜひ
相談をしてみてください。

 

 


pagetop

pagetop