アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

【Sawaiゼミ】肌はむき出しの脳である!セラピストとしてお客様に向かう姿勢

2018/04/16 カテゴリー:【Sawaiゼミ】お客様との向き合い方

 エステティック教本では、

 
はじめに書かれている
「手当て」と言う言葉
 
それから、
 
細胞の誕生から
脳と皮膚は
深く密接している
と言う、
皮脳同根説があります。

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

 

ファンメイクプロデューサー
澤居寿江です。

 

 
私たちは
お客様の皮膚に触れ
 
脳の中の『ココロ』に
影響を与えています。
つまり、
肌はむき出しの脳である。
山口創先生の本に書かれた一節です。
お客様は、
忙しい日々の中で
がんばって
リラックスしないと
休む時間がない!
 
 
それが現実ではないでしょうか?
 
6c72f43c6a3f052559536d216d48e1dc_s.jpg
 

お客様が私達に肌をゆだねてくださると言うこと

 

私達に
カラダや肌を
ゆだねてくださることが
いかに重大なことか
 
私たちはより理解し
 
そして、
 
リラックスをする
必要性を
伝えていきたいものです。

 

セラピストは未病予防の世界を大切にする

 
お客様が自分と向き合うために
サロンを利用して

 

私達に身体を肌を心をゆだねる時間

 

それは
単発的ではなく
継続的が理想です。
 
なぜなら、
そこは
未病・予防の世界だからです。
 
「悪くならないようにすること」
「維持をすることは手を入れることが必要である」

 

そんな気づきを与える
カウンセリングは
プロフェッショナルにできていますか?
 
 

プレカウンセリングでお客様に通うことの意識ができているか

 

新規でお迎えしたお客様に

 

施術に入る時には

 

通うことを前提とした会話が
繰り広げられているでしょうか?
 
私は今回、
 
Sawaiゼミの
ファンメイクプロデュースの中で
6つのポイントとして
改めて
浮き彫りにしました。
 
stockfoto_23484104_XS.jpg
 
 
これは、
私が実際に行ってきた
鉄板のプレカウンセリングです。
 
 
  • 今までなんとなくカウンセリングをやってきた
  • ちゃんとカウンセリングを習っていない
そんなセラピストさんには
まさに
カウンセリング「術」になると思います。
 
 
e788366b58a77efffe6fbb969cae443d_s.jpg
 

 

技術が良ければお客様はわかってくれるという甘え

 

手技をストイックに究め
アロマの成分を
一生懸命学びこだわり

 

化粧品のすばらしさを
普及させたいと思っても
 
2回目・3回目に
お付き合いのご縁を
いただけなくて

 

そのこだわりや究めは
成仏できるでしょうか?
 
 
セラピスト
サロンオーナーと言う
立ち位置を

 

シゴトとして
自分で腹落ちさせるために
 
リピーターづくりを
意識していきたいものです。

 

 
 
「伝わらないのは伝えないのと一緒」
 
技術力×カウンセリング力×人間力
セラピストの資質として
私が掲げている合言葉です♪

 

 


pagetop

pagetop