アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

【起業塾では教わらない】現役サロンオーナーがセラピスト集客の常識を徹底解説①

2018/03/31 カテゴリー:【Sawaiゼミ】セラピストのサロン集客

自宅サロンでセラピストが悩む新規集客について

集客とは、
客を集めること、または集まること。

 

せっかくなら、
自分のサロン
お客様を引きつけるより
惹きつけるほうが良いな
思っています。

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

 

ファンメイクプロデューサー
澤居寿江です。

 

惹きつける集客

 

サロンオーナーにとって
ルーティーンではないでしょうか?

 

セラピストの集客への悩みと言えば

 

もともと私は、
文章を書くことがとても苦手です。

 

小学生時代の作文は、
現実に起きた出来事を
ツラツラと並べる。

 

夏休みの読書感想文は
あらすじのような
本に書いてある文章の引用。

 

大学のレポートは
他の文献を丸写し。

 

お客様を惹きつける言葉なんて
持ち合わせていませんでした。

 

セラピストの集客ツールと言えば

 

  • 友人知人へのチラシ
  • はじめましての名刺
  • 自己紹介にプラスするリーフレット

 

4216b368aa81f1d33cc13b9a1d13aba2_s.jpg
  • ホームページ
  • ブログ
  • Facebook
  • ツイッター
  • インスタ
  • LINE@
全てにおいて
必要な人に届ける手段は何か?

 

それは、
「言葉」ではないでしょうか。

 

セラピストの集客に大事な言葉選び

私たちは様々なツールを使って
お客様を惹きつけたいのです。

 

その時、

 

何も意識せず
自己アピールをするだけで
お客様を集めることは
できるでしょうか?

 

時々、
こんな話を聞くことがあります。

 

「Facebookは終わったよね」

 

「インスタでしょ、これからは」

 

「ブログで全然申し込みが入らない」

 

さて、
ツールが役に立たないのか?

 

それとも
ツールを使いこなしていないのか?

 

例えば、

 

検索に強い
ホームページを作る。

 

キレイなホームページをつくれば
申込みが入るはず。

 

実際に開設してみたら
思ったほどではなかった…。

 

お客様が悩んで
思わず調べようとするときに
検索窓に入れる「言葉」

 

パッと見キレイで整った
デザインより

 

一瞬で興味を持つ
ピンポイントなセリフ

 

どれだけ未来客の悩みを
理解しているか?

 

お客様と関わるほどリアルな言葉が使える

 

お客様に悩みがある時
どんな言葉を並べるのか?

 

お客様が
どんな言葉を使って
現状を伝えようとするのか?

 

お客様は
どんなキーワードを使って
話をするのか?

 

まずは
こんなところに
拾える言葉が落ちている。

 

なぜセラピストが惹きつける言葉を使えないか

 

ある程度の肌知識を持つ
セラピストは、

 

説明はできるかもしれないけど

 

人を惹きつけるような
ココロを動かす言葉を
無意識には使えないことが多い。

 

なぜなら、
そこに感情を乗せる必要性を
感じていないから‥‥。

 

stockfoto_23484104_XS.jpg

 

もし、
お客様が肌に悩み

 

〇○な状態で
〇○な気持ちだった

 

でも、

 

〇○をしたことで
とても良くなった。

 

その時の気持ちは〇〇だった。

 

そんな声を拾える
セラピストならば

 

きっと、
同じ悩みを抱えた
まだ見ぬ未来客様に
響く言葉を使って
届けることができるでしょう。

 

セラピストの惹きつける集客

 

目の前にいるお客様を
どれだけ幸せにできるか

 

身につけた手技と
信頼関係を築いていく
カウンセリング術から

 

その言葉は
磨かれていくのです。

 

経験と実績を積み重ねて

 

理想のお客様を
惹きつける
集客をしていきましょう。

 

その時は必ず、「言葉」を意識して…

 

 
 
【起業塾では教わらない】現役サロンオーナーがセラピスト集客の常識を徹底解説②
 
 
 


pagetop

pagetop