アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

【Sawaiゼミ】12月にありがちな直前、日時指定のエステ予約に振り回されないために

2017/11/29 カテゴリー:セラピストのサロン経営,セラピストのサロン集客

12月前から仕込む師走の予約の受け方

自宅サロンで「今年の汚れは今年のうちに」の直前予約にジタバタしないために

 

ファンメイクプロデューサー

澤居寿江です。

 

さぁいよいよ12月です。

毎年感じていることがあります。

 

大掃除や年越しの準備で

作業が増えることはもちろんですが

 

11月末の今、

 

「今年も後1ヶ月か~」と

思うだけでも

 

「やり残したことはないか?」と

考えるだけでも

 

12月って気ぜわしい…

 

だから、

師走って言うんですね。

 

 

 

12月の予約はもう確定している時期です

 

「年内は何日までですか?」そんな言葉を

お客様とするのはいつですか?

 

遅くても

11月の時点で

次回予約を受ける時に

会話になります。

 

私自身、

10月には年内営業日を決定しています。

 

お休みに入ることを想定すると

 

12月は稼働日数が少ない!

 

今年のように年末に土日が入ると

 

平日お勤めしているお客様は

予約枠が減ります。

 

平日に予定が組みやすいお客様は、

 

家族の都合や

帰省の準備

年末年始に向けて

 

気ぜわしいですよ。

 

 

12月の気ぜわしい時期だからこそ!エステは早めに予定に入れてもらいます

 

忙しい毎日の中でも

 

やっぱり女性ですから

 

美容室もネイルもエクステも

エステだって

 

年内最後に行っておきたい!

 

単発エステをご希望の方も増え

12月のサロン予約はにぎやかになりますね。

 

 

その為の準備はしていますか?

 

 

予約の問い合わせに私たち自身が振り回されないように

 

お客様から、

 

「この日空いていませんか?」

 

「この日しか空いてないんですけど…」

 

ごり押しで

問い合わせを受けることは

ありませんか?

 

断れなくて

自分の予定を返上して予約を受ける。

 

  • 学びの申し込みをキャンセルした
  • 集まりの予定を断った
  • プライベートな約束を変更してもらった

 

自分のシゴトの都合で

誰かに迷惑をかけていませんか?

 

シゴトだから仕方がない

 

お客様からの予約だから

受けて当たり前!

 

そう思っていたのは

以前の私でした。

 

営業日を早めに伝え、11月には12月の予約を埋める

 

リピーター様は次回予約を取ります。

だから、

 

安定の12月エステが受けられます。

 

ご新規様・単発利用客様、休眠客様

 

こちらのお客さま達は、

 

自分の都合で

予約を入れたいと思っていることを

想定しておきましょう。

 

だから、

忙しい毎日の中で

 

予約を入れそびれていたり

 

時間があったら行こうと実は思っています。

 

 

本当は「行きたい」と思っているけど

タイミングを逃していることが多々あります。

 

 

お客様の都合を尊重していると、お客様にもご迷惑をおかけします

 

お客様は

  • 本当に困っている時
  • こうなりたいと言う理由がある時
  • 目的をクリアしたいと決めている時

強い意志が湧いたとき

 

初めてアクションを起こします。

 

それは、

 

お正月はキレイな自分で居たい

 

今年のお肌汚れは今年のうちにキレイにしたい

 

年内に肌を清めて年を越したい

 

このままではイヤだ

 

など理由は様々です。

 

その気持ちが強まったタイミングで

予約しなければ!

 

この日がイイ!!って

 

言われても

 

私たちにも都合があることを

お客様は知りません・・・。

 

 

ぜひ、

早めに気持ちをすり合わせて

 

告知や

こちらからアクションを起こしましょう。

 

メール・DM・ホームページ告知・ブログ記事など

 

ただし、

 

早めに12月の予約を申し込もう!と言う

お客様のココロを動かす言葉のチカラが求められます♪

 

忙しい日々を送る女性たちの

スケージュール帳に

早くから『エステ』の予定をいれてもらう

告知をしていきましょう。

 


pagetop

pagetop