アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

クーポン客はリピートされにくい?

2016/09/23 カテゴリー:セラピスト集客

 

「やっぱりクーポンとかやった方がいいですか?」

 

1度は集客の方法として

考えたことが

あると思います。

 

成果報酬制が多いので、

 

宣伝費としての

導入にリスクが少ない。

 

宣伝広告としては、

良いシステムだと思います。

 

 

ただし、

このクーポンのシステムを

導入するとき、

 

クーポンの集客で

損得を考えないこと。

 

あくまで、

宣伝活動だと思って

行なってみると

割り切れると思います。

 

75a7dc24a427683d8443df4340b7745b_s

 

大手サロンや、

スタッフが大勢いるところは、

クーポン客を

たくさん受け入れられます。

 

私たちのような

おひとりサロンの場合、

 

クーポンのお客様でも、

 

定価価格のお客様と

同じ時間とサービスを

提供します。

 

たった一人のために。

 

つまり、

その場の利益を追求したら、

まったく割に合いません。

 

オプションをつけて

売上げを上げる。

 

物販で元を取って

 

その日の利益を

目的にしたら、

 

お客様はすぐに

察知しますよ。

 

そして、

身を守ろうとガードします。

 

・悩みはない

・忙しいから

・遠いから

・お金がないから

 

続けられない理由と

買えない理由を

考え始めます。

 

それから、

体験エステや

クーポンを利用する場合、

 

「おススメされても、断れる自信がある」

 

お得を有効に利用する

お客様はいます。

 

 

 

リピートにつながらない客。

 

安い料金でやらなければならない客。

 

こちらが出した割引クーポンなのに、

 

利益にならない客として、

 

私たちは、

求めないお客様を

接客することになります。

 

 

クーポンで来ていただいたお客様は、

 

通常なら

出会えないお客様です。

 

割引クーポンで、

定価のサービスを受けたいお客様です。

 

それを前提に

対応したら

きっと自分の気持ちも変わります。

 

来てくれなかったら

知ってもらえなかった

私のサービスの良さ。

 

広告の掲載だけなら

実感してもらえなかった

私の技術。

 

ニーズが一致した時は、

私を思い出してくれたら

うれしい。

 

そんな気軽な感覚で、

お客様と接してみると

いいと思います。

 

なぜなら、

お客様も

クーポンで1回だけ

やりたかったと

思っているからです。

 

ただし、

全く興味がないわけでは

ありません。

 

現実的に

継続できれば

また来たいと思うでしょう。

 

出会いを大切にするために、

 

お客様ニーズの一致が、

その日にかなうことを

考慮し、

 

回数券や

即決の特典など、

 

リピートしやすい

メニューを用意しておきましょう。

 

利益は二の次と

思ってください。

 

そう考えられれば、

クーポンは、

とても良い宣伝広告だと

思います。

 

そして、

クーポンがきっかけでも

 

お付き合いが始まることは、

往々にしてあります。

 

クーポン客は、

リピートにつながりにくい。

 

そんな固定概念が

あるなら

やらない方がマシです。

 

 


pagetop

pagetop