アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

サロンでリピートされるための集客に大切な「想いを伝える勇気と意思」

2018/05/17 カテゴリー:セラピスト集客

 昔、地域密着の集客をしていた時代に比べて
今は断然良いなと思うことがあります。

 
 

Sawaiゼミ個別相談には、
関東圏以外からもお越し頂き

 
 

現在
6ヶ月のファンメイクプロデュースには
群馬や富山の生徒さんが
学びを進めています。

 
 

個別相談は対面のみですが
プロデュースはSkypeセッションが可能です。

 
 
 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

 

ファンメイクプロデューサー
澤居寿江です。

 
 

私はこのようなブログの記事を書くとき
音楽をかけているんです。

 
 

 先月辺りは、
を感じたくて
森山直太朗の「桜」
聞いていました。

 
 

桜から始まり、
「生きていることが辛いなら」

 
 

「生きとし生ける物へ」

 
 

彼の歌の歌詞
世界観にすっかり
ハマってしまいました。

 
 

tkfoto7.png
「いっそ小さく死んでしまえばイイ」
とか、

 
 

「たかが言葉と嘯くけど
されど言葉の摩訶不思議」

 
 

しびれます。

 
 

You tubeでは
こんなコメントがあり
共感しました。

 
 

「唄が上手い」ってのは、
声質の良し悪しやテクニックが
あることを言うんじゃない。

 

自分の想いを伝える勇気と意思が
強いかどうかだ。

 

私たちも一緒だなぁと
思いました。

 
 

どう思われるかと不安に思うよりどう魅せたいか

 
 

自分がどう見られるか?

 
 

ネガティブにそれを気にして
きれいごとしか書けない投稿に

 
 

昨今
ココロが動かないし

 

情報処理のために

 

スルーする目を
持ってしまいました。

 

サロンワークとはこういうこと

 

私達の仕事は、
大きく3つ

 

①定期的に新しいお客様を獲得すること
②リピーター様と深く信頼関係を築くこと
③まだ見ぬ未来お客様に種まきをすること

 

どれをとっても

 

情動的な「言葉」
必要不可欠です。

 

ファンメイクプロデュースの第1歩は

 

生徒さんの
ココロの声を表に出すことを
大事にしています。

 

未来は見えないけど自分の過去は誰よりも詳しいはず

 

なぜ、この仕事をやっているの?
 この仕事をしてどうなりたい?

 

ここの落とし込みで
仕事に向かう姿勢は大きく変わると考えます。

 

意外に答えられないんですよね。

 

なんとなく始めちゃった。
家でできることが良かったから。
自分のペースで働きたかった。

 

 そんな都合ばかりが
頭に浮かんでしまう現状を

 

もっともっと
感情に触れていきます。

 

stockfoto_47505608_XS.jpg

 

実は私も
なんとなく始めちゃったタイプなので
生徒さんたちの気持ちは
よく理解しています。

 

なぜ自分の気持ち(過去)を掘り下げるのか

サロンを続けていると
思ったように進まないこと。

 

まるで否定されているかのような不安に陥ること。

 

先が見えなくなって
起き上がれなくなりそうになる。

 

孤独な経営者が
どう切り抜けるか?

 
 

いっそ、

 
 

小さく死んでしまいたいくらい
辛い壁にぶち当たった時
乗り越えるド根性は

 
 

この熱い思いと
比例をするって思っています。

 
 

人の心を掻き立てられるような
自分自身の熱い感情と
それを表現できる言葉の使い方

 
 

集客にも
リピーターづくりにも

 
 

サロンワーク全般に
想いを伝える勇気と意思

 
 

持っていたい自然力(じねんりょく)です。

 
 


pagetop

pagetop