アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

セラピスト集客の悩み、リピートを提案するのが難しいリラクゼーションサロン編

2018/01/04 カテゴリー:セラピスト悩み

リピートされるためのカウンセリング力

リラクゼーション目的で

リピートに繋がらないサロンオーナーの悩みを

カウンセリング力で対処する

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

ファンメイクプロデューサー
澤居寿江です。

 

リピートしてもらうための提案ができない。

 

私の施術はリラクゼーション目的だから…

 

セラピストさんが
よく言うお悩みです。

 

 

リラクゼーション目的はリピートされない?

 

リラクゼーション
サロンを訪れる目的だと

次回予約は入れてもらえないのだろうか?

 

  • リラックスしたい
  • リフレッシュしたい
  • 疲れを取りたい

お客様が

こんな気持ちになる背景はなんだろう

 

 

利用目的の裏にあるライフスタイルにフォーカスしてみる

 

 

お客様の発する言葉から
背景を読み取ってみると

見えることがあります。

 

  • 仕事がオーバーワーク
  • 寝不足が続いている
  • ストレスがたまりやすい
  • 自分のことを後回しにしやすい

次回予約に繫げる提案ができないと

私たちが思ってしまう心情には、

 

提案=おススメ
→嫌われるかも

 

こんな
構図がありませんか?

 

  • 提案の仕方がわからない
  • お客様の求めていることはわからない

 

私もサロン勤務経験から提案のトラウマがありました

 

私は、
大手サロンの勤務時代

 

新規のお客様が契約をするまで
クロージングをし続ける

営業スタイルをとっていました。

 

新規様の中には、

 

笑顔で
高額のクレジットを
契約した後

クーリングオフの
ハガキが届いたこともあります。

 

お客様も本当に
イヤな思いをしたと思いますが

 

私自身も
営業に対するトラウマを
もってしまいました。

 

それは、

カウンセリング=営業

クロージング=契約を取る

だったからです

 

 

「売上を上げる目的」の提案はホントに嫌われます

 

 

Q嫌われる提案って何ですか?

 

Aお客様が「売られた」って思うことです。

 

Qそれってどんな時ですか?

 

A自分が求めていないとき
求めていないものを突然提案されたとき

 

 

ならば、逆を想定してみたら「売られた」にならないのでは

 

お客様自身が

 

「必要」と感じたとき

欲しいと思うカタチで

 

目の前にポンと置いてみたら?

 

…感動♪

 

私のこと、

よくわかってくれているわ~

 

 

私たちの場合、

 

お客様に必要な施術

そして、

 

必要だと感じさせる
カウンセリング力

 

2つをもって

新規のお客様をトリコにすることは
できるのではないでしょうか?

 

お客様が『欲しくなる』ために必要なカウンセリング3つの力

 

1.現状を読み取る
2.原因を探る
3.対策を練り込む

 

私たちは職人として技で勝負です。

 

お客様の思わず

「やりたい!」「続けたい!」

 

初めは1回だけのつもりだった…

 

でも
あの一言で決めた!

そんな
やる気スイッチがおせる
セラピストになりましょう♪

 

 


pagetop

pagetop