アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

セラピストは化粧品を売らないとダメですか?

2016/09/03 カテゴリー:カウンセリングから物販

物販の悩み

セラピストは化粧品を売らないとダメですか?

施術は好きだけど物販はやりたくない

 

お友達や知人に

フェイシャルエステをやってあげたい。

 

周りの人を喜ばせたくて

セラピストになる人たちがいます。

 

フェイシャルエステは

やってあげたいけど、

化粧品はすすめたくない。

 

自分はホームケアの重要性や

正しいスキンケアが

美肌の秘訣って

知っているけど、

 

友達には化粧品をすすめたくない。

 

  • 気に入ったものがあるかもしれない
  • 断れなくて迷惑かもしれないし・・・。

 

そもそも施術がしたいだけだから。

 

 

物販が苦手というセラピストさんは珍しくありません。

 

・化粧品が良いものだってわかっている。

・使った方がいいのも知っている。

・売れた方が利益になるのも知っている。

 

だけどすすめられない。

 

なぜなら、

すすめること=売り込むこと=自分の利益

と思っているからです。

 

こういう思考のセラピストさんが、

がんばって

商品を提案しようとすると

 

おススメが苦手、

営業はやりたくない

 

思えば思うほど、

 

思いっきり売り込みます!

相手の顔色も見ず、

必死で商品の良さを伝えようとします。

 

 

がんばっているあなたをみて、

1回は買ってくれるでしょう。

 

きっと良いものなんだろうなぁ~

って、

興味をもってくれるかもしれません。

 

だけど、

それこそつきあいだから

リピートされないかもしれません。

 

ムリをしてすすめると

 

「すすめちゃった」

「営業しちゃった」

「嫌われたかも」

罪悪感でいっぱいになります。

 

4bd27f56612cac136258eb68967e13f8_s

 

そんな結末なら、

『化粧品を売ろうとする』のはやめませんか?

 

化粧品を売ろうとする前に

やるべきことがあります。

 

信用を得る

信頼関係を築く

 

あなただって、

突然の売り込まれたら、

嫌悪感でいっぱいになりますよね。

 

私たちセラピストがお客様にストレスを与えるのは不本意です

 

お客様のストレスを解消するのが

お仕事です。

 

だから、
的を外した提案で
お客様にストレスを与えるのは

不本意なのです。

 

伝えたい提案=お客様の求めているもの

 

動機が一致して

 

お客様が興味をもって

聞いてくれたら、

それはむしろ喜ばれることだと

思うのです。

 

それができないのなら

「自分がイイと思っているから」

「自分の利益になるから」

 

そんな気持ちが過るなら

伝えない方がマシ。

 

だけど、

価値のある伝え方ができるのに…

もったいない。

その方法を知るのは

 


pagetop

pagetop