アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

【肌知識編】お客様の肌悩みを解決するために知っておきたい肌の見方

2018/08/27 カテゴリー:肌分析・肌読み・肌知識

フェイシャルエステを施す
エステティシャン・セラピストにとって

 

 

お客様の肌悩みを

解決することは

 

やりがいであり
醍醐味ですよね。

 

 

例え

リラクゼーションの目的で

始めたとしても

 

お客様と

お肌の話になったら

お悩みの解決策を提案したい!と

思うものです。

 

 

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

ファンメイクプロデューサー

澤居寿江です。

 

 

お客様の肌状態を

読めるようになりたい。

 

 

そのために

何を身に着けたら良いのだろう?

 

 

お客様の肌表面を知るコト

 

お肌の美しさを

判断する基準は

表面のなめらかさにあります。

 

つまり、

角質層のターンオーバーと

落屑(アカになってはがれる)は

 

表面のなめらかさに左右しています。

 

 

「お肌の新陳代謝を上げる」や

「ターンオーバーを整える」

 

などと言う表現をします。

 

 

 

 

そして、

真皮層の弾力繊維(コラーゲンやエラスチン)の

強度がしっかり保たれていること。

 

 

そのため、

 

フェイシャルトリートメントは、

細胞分裂の活動や

それを取り巻く作用に働きかけています。

 

 

肌を整えるコトとは

 

肌表面が美しく見える状態とは

 

・うるおいがある

・なめらかさがある

・ハリがある

・弾力がある

・血色がよい

・艶がある

 

 

 

これらが整っているか?

 

かけている部分がある時は

「なぜ?」と疑問を持ち

 

原因を探ることをします。

 

 

原因の探り方

 

肌表面の美しく見える基準が

低下している場合

 

それは、

皮膚2mmの中の肌組織の働きに

問題が生じたと仮定します。

 

 

つまり、

お肌の新陳代謝と呼ばれる

細胞分裂の

生まれ変わりに着目して

 

エステトリートメントや

スキンケアの見直しを

ご提案していきます。

 

 

トリートメントを施しながら

何をしたら肌に滑らかさが戻ったか?

 

肌を良く観察しています。

 

「見る」ことに集中しながらも

 

「なぜ?」の原因を探るのは

お客様との会話になります。

 

 

 

・最近の身体の様子

・ライフスタイル

・スキンケア

・ストレスの有無

 

お客様自身でも

心当たりがなく

 

何が原因かは

みつけにくいでしょう。

 

 

私達は、

お肌は3つの鏡

(環境 内臓 精神)を

常に意識して

 

多面的な質問や

会話から聞き出していきます。

 

 

まとめ

 

お客様の肌悩みの

原因を知るコトは

 

決して簡単なことではありません。

 

なぜなら、

肌自体がとても複雑で

 

複合的な働きが

絡み合っているからです。

 

 

私達は常に

色々な原因の可能性を

インプットしながら

 

経験と知識をもとに

「ピンとくる」

原因の探り方をしています。

 

 

知らなければ

疑うことができません。

 

 

そのために、

肌の構造や作用を理解し

悩みと原因を紐づけして

 

お客様の肌表面を見ながら

 

適切な処置や提案ができるよう

学び続けています。

 

 


pagetop

pagetop