アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

肌が読めるようになりたい!セラピストが思うお客様から信頼される技とは

2018/08/26 カテゴリー:肌分析・肌読み・肌知識

お客様の肌悩みを解決できたら

信頼されるし

自分の自信や遣り甲斐になる。

 

だから、

もっと肌知識を増やしたい!

「肌が読めるセラピストになりたい」

 

そのための学びなら惜しまない…

 

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

ファンメイクプロデューサー

澤居寿江です

 

 

お客様の肌を読むために

1番最初に取り組むことは

 

プレカウンセリングによる

「聞き取り」です。

 

 

お客様からの聞き取り

 

初回エステのご予約をいただき

私のサロンはメニューがひとつだから…

 

使うお化粧品は1通りだから…

 

『お客様の悩みに対して個々に対応ができない』

などと思っていませんか?

 

どうせ聞いても

施術をするだけだから

 

そう考えていると

「聞き取り」の重要性を見失い

 

『早く施術に入ってあげよう』

と言う親切の勘違いを起こしてしまいます。

 

 

お客様の悩みが大きい方がリピートされやすい

 

お客様に肌悩みが大きければ大きいほど

通う必要性を感じてもらえやすい。

 

さほど悩みを感じていなければ興味が深まらない。

 

つまり、

 

定期的に通う目的がなければ

リピートはされない。

 

だから、

集客は「〇〇なお悩みのかたはぜひ!」と

謳い続けていませんか?

 

ならばなおさら

お客様の肌と向き合う必要がありますよね。

 

 

 

ただ施術をしてもリピートには繋がらない

 

プレカウンセリングでは、

お客様の「悩み」「症状」「スキンケア」「ライフスタイル」

こんなことを聞き取ると思います。

 

そこから私たちは、

何を読み取れば良いでしょうか?

 

 

肌質と症状を把握する

(肌タイプ×コンディション)

まず頭で考えることです。

 

 

肌読みの第1歩目は肌質と症状の判断

 

 

肌質とは、

お客様の3つの鏡(環境・内臓・精神)に

左右されていない本来の状態です。

 

その本軸から揺らいでいる部分が

3つの鏡となって現れる

肌の症状となります。

 

 

例えば、

 

ノーマル肌と言う肌質ならば

脂っぽさも乾燥も感じない

ほど良い

うるおいの分泌状態を指します。

 

 

その肌質を持ち合わせたお客様が

何らかの原因で

 

水分量が下がる

皮脂分泌が過剰になる

毛穴の分布が広範囲になる

 

分泌量のバランスを崩してしまう。

 

または、

それに伴い現れるトラブル。

 

そして、

 

シミやシワ、たるみなど

加齢に伴い現れる

エイジング現象も

 

肌質から揺らいだ

症状として

 

私達が元に戻そうとする

お客様の治癒力の

お手伝いをすることができるのです。

 

お客様の肌悩みとはつまり

日本人の多くは

ノーマルから混合肌と一般的に呼ばれる肌質が

多数を占めています。

 

人によって年齢によって違う

 

オイリー

ノーマル

混合

ドライ

 

こんな分け方をする

肌質の軸から

はみ出た部分が

 

肌悩みとなって現れます。

 

つまり、

その肌悩みは肌質によって

原因も対策も違うことになります。

 

お客様の肌悩みに向かうために必要なのは

 

肌を元に戻そうとする

自然治癒力はお客様の肌組織の中にあります。

 

私達は

その力を十分に発揮できるよう

トリートメントやアドバイスで

応援をする立場なのです。

 

 

そこで大事なのが、

 

肌が揺らぐ「原因を知る」と言う事です。

 

 

一人ひとりの原因を探ることが大事

 

お客様の肌悩みとなる

症状の原因を確認せず

 

トリートメントだけを漠然と行っても

お客様満足には繋がりません。

 

症状から

お客様の背景を知る。

 

原因と皮膚の構造や機能、その作用を紐づけして

関連させて理解をすることが

スキンセラピストとしての姿勢。

 

さらに、

トリートメントやスキンケアに使う

化粧品の作用と組織の作用を

しっかり把握していくことも

大事なことです。

 

 

まとめ

 

プレカウンセリングで行う

「聞き取り」とは、

 

お客様がトリートメントを通して

私達の対応に大満足いただくための

 

症状の原因を探るために

とても重要で重きを置く所作なのです。

 

私が常々発信している

 

肌を読む

原因を探る

対策を練る

絶妙な提案をする

 

カウンセリングの手段として

常に頭の中はこれが

ぐるぐるしている状態になります。

 

お客様の肌悩みと向き合うセラピストとして

ぜひ学び続けたいところですね。

 

 


pagetop

pagetop