アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

サロンはリピートされるけど、次回予約がいただけない「伝え方」のパターン

2018/05/29 カテゴリー:サロンリピート

サロンオーナー様の個別相談のお悩みとして

 

次回予約をその場でいただけない

と言うことがあります。

 

しかし、

決してリピートされないわけではなく…

 

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

ファンメイクプロデューサー
澤居寿江です。

 

 

リピートしてもらえるお客様なのに

その場でご予約をいただけない事例。

 

えっつ?私やっちゃってるかも!的なお話…

 

リピートされるなら次回予約をいただく必要はなるの?

 

例えば回数券を販売する。

コース契約をいただく。

 

お客様は

「これから通います!」宣言です。

 

しかし、

 

・予約が入っていない

・回数券やコースけいやくはない

 

このようなお客様は

いつ来てくれるかわからない

また来てくれるかわからない

 

状態になっています。

 

お客様が
「また来ますねー」と言ってから早3ヶ月。
※その間メチャクチャ不安

 

 

なにか仕出かしたんじゃないか?

不快な思いさせちゃったかなぁ

えっつ、あれ売込みって思われた?

 

 

お客様がまだ少ない時期は特に、

「休眠客様」「失客」

色々と頭をよぎるものです。

 

 

お客様の予約が入らないことの取り越し苦労もある

 

「来ない」「嫌われた」

なんて思っていたら

忘れた頃に

ご予約の問い合わせが来たりするものです。

 

 

お客様は、

「ホントはもっと早く来たかったんですけど」
※じゃぁ来てよー

 

「つい、間が空いちゃって」
※心配してたよー

 

「あっという間に3ヶ月も…」
※時間はつくるんだよ

 

このような
不定期なお客様に

 

 

私たち自身が
させちゃっている場合があります。

 

 

 

お客様に

『次回予約を入れて帰る』

このシステムを
当たり前に
ご案内できていますか?

 

 

予約はいつも空きがあるから

「いつでも連絡くださーい」
とお伝えしていませんか?

 

 

直前でも
「けっこう空いているから入れますよ」
とか馬鹿正直に自白していませんか?

 

 

あなたのその謙遜した言葉が

 

お客様の
「もっと早く来たかったんだけど」
にしちゃっていませんか?

 

 

あなたの中途半端な親切が

 

予約を取る行為を
面倒にさせていませんか?

 

b7474525c123e78b39a7202b8afd2db8_s.jpg

 

 

時間がない忙しいはお互い様だから

 

毎回メールやLINEで
何往復の

予約のやり取りをさせていますか?

 

 

どのくらいのペースで
利用するのがベストなのか?

 

お客様に伝えきれずに

そのキレイは持続しますか?

 

 

そもそも、

「次回の予約をいれましょうか?」の
ご案内をしていない場合

 

お客様は、

 

次の予約は改めて
メールやフォームで
問い合わせるって
思っているかもしれません。

 

私たちの個人・自宅サロン形式を

美容室と同じ感覚に
させてはいないですかね~

 

a54d64f7b3dfd23a53d264a98a51a532_s.jpg

 

私たちのサロンは

スパ施設でも
ホテルエステでもありません。

 

お客様が定期的に
足しげく通い続ける

未病・予防意識を保つ場。

 

 

次回予約をいただき
定期的に利用していただくのは

あくまでお客様のためなのです。

 

ご新規様のカウンセリングで
2回目以降の対応が決まる!

 

リピートしてくれる
お客様が来ないのではなく

 

リピートしたくなる
カウンセリング術ができているか?

 

お客様はお客様の知っている範囲や常識で行動するから

・美容室はイチイチ次回予約を入れていかない

・行きたいときに連絡すればいい

・直前に問い合わせる

・予定が空いたときに予約をする

 

私達の施術が

このような常識の中で申し込まれていたら

 

いつまでたっても

お客様と定期的なお付き合いは難しいです。

 

お客様に「気づき」「興味」「必要性」を

感じていただける

 

新規カウンセリングは

まさにまさに

 

次回予約をいただくことが「肝」となるでしょう。

 

 

 

 

 


pagetop

pagetop