アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

【Sawaiゼミ】カウンセリングの役割として来店動機を理解すること

2018/01/19 カテゴリー:エステ接客,カウンセリングの仕方

お客様が何を見て来店したかで、来店動機を理解しカウンセリングに向かう

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

ファンメイクプロデューサー
澤居寿江です。

 

美容カウンセリングの
役割とは?

 

お客様を色々な意味で
楽にしてさし上げることができる
私たちの使命

 

女性の幸せのサポート

であるからこそ、

お客様の
「辛い」「悲しい」
「重い」「苦しい」を
知ることが求められます。

 

最初の知るは『来店動機』から読み取ります

 

例えば、

 

デパートや
ショッピングモールで

ふら~っと
ショップに入ります。

 

来店動機?

 

「みーてーるだーけー♪」
買う気はないけど
ちょっと見てみたい…

ありますよね。

 

なんとなく
思わず入った…

 

だから!

店員さん話しかけないで!
背中で語る…みたいな。

私たちのサロン形態では
ないスタイルです。

 

 

しかし、サロンにも似たパターンがあります

 

ショップの「見てるだけ…」に
似たパターンがある。

 

わかりますか?

 

チラシの割引クーポン
初回大幅値引きのキャンペーン

 

こちらを打ち出して
予約をいただいたときです。

 

 

お客様は、

  • わざわざ予約はしてくれる
  • 興味はなくはない、むしろある
  • ただ続けるつもりはない
  • 1回だけやってみたい

 

カウンセリングにおいて

お客様の

「辛い」「悲しい」
「重い」「苦しい」の分量が

少ない場合です。

 

つまり、

 

ウインドウショッピングで言う
「みーてーるだーけー」です。

 

新規のお客様が伏線を張ってくる場合があります

 

ウィンドウショッピングの場合

店員さんへ
話しかけないオーラを出します。

 

『すすめないでね~!』感を
満載に背中で語ります。

 

サロンでも同様なことが起きます。

 

  • カルテの記入は最小限
  • 悩みはない
  • 多くを語らない
  • 継続的なイメージを持たない

営業されるのは嫌いです!と先手を打つ

 

  • あまり話をきかない
  • 回数券なんてもってのほか

このようなお客様が来た時、

 

間違って欲しくないのは、

初回をお得にしているのは
サロン側です。

 

「クーポンの客って質が低いよね‥‥」

って思っていませんか?

 

どんな理由であれ

BESTをつくして
接客をしますよね♪

リピートされたい!継続的に利用して欲しい

 

リピートに繫げたいのに
来るお客様は

 

そんなつもりがない…。

 

そんなつもりがないお客様でも

響くコトがあります。

 

  • お客様が気づいていなかったことを気づかせる
  • 想像以上の感動を提供すること
  • 感動以上の情動性を湧かせること
  • 「悩み」ではなく「期待」に言葉を置いていく

そして、

 

「今すぐ…」ではないお客様と理解する

 

未来のリピーター様として接することも大事です。

 

今すぐ通って欲しいは
私たちの都合だから…

 

今すぐ通った方が良いと思うのも
私たちだから

 

 


pagetop

pagetop