アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

カテゴリー: 【Sawaiゼミ】セラピストのサロン経営

  • 働き方に限りがあるからこそ、自分らしく

      セラピストの仕事を   Wワークや、 子育てをしながら 家族の都合と合わせながら   両立することは、 珍しくありません。   むしろ、 ・正社員で働けない   ・子育てをちゃんとしたい   ・仕事でプライベートを 犠牲にしない   ・副業をもちたい   あえて個人で仕事を する場合もあります。   例え…続きを読む

  • ずっと続けたいから起業しました

    私のエステティシャンの最初は、 就職がきっかけでした。   私のキャリアには、 サロン勤務時代があります。   どうしてもなじめなかった・・・。   店長が尊敬できなかった。   仕事の在り方に 不満でした。   会社自体が不服でした。   売上向上志向。 エステティシャンは営業マンでした。   カウンセリングという売り込み。 …続きを読む

  • 仕事を楽しめていますか?

    私にとって、 仕事に関する学びは もはや 遊びと同じです。   決して、 美意識が高いわけでも、   化粧品が大好きでもありません。   ただ、 サロンワークに付随する 色々な学び。   例えば、 お肌のしくみを 深く知ること。   ホルモンについて 教養を深めること。   はたまた、 集客のために   伝えたい人に 伝えたいこ…続きを読む

  • 個人事業って大変ですか?

    「個人事業って大変ね」 と言われることがあります。   その理由は、 ・収入が不安定 ・何時もイイとは限らない ・全部自分でやる ・好きなだけではできないだろう ・休みが少なそう   でも逆に、   「個人事業っていいね」 と言われることもあります。   その理由は、 ・好きなことができる ・自分のために収益を上げる ・時間の使い方が自分次第 ・組織のストレ…続きを読む

  • 自分を犠牲にして、お客様第一と思っていませんか?

    セラピストの働き方 自分を犠牲にしてお客様第一だと思っていませんか? お客様目線を外さない     お客様満足度を上げることで結果売り上げアップ   このような講座を行いますが、 決して、お客様は神様ではありません。   お客様の言うことを、 何でも叶えると言うことでもありません。   自分もどこかで、お客様になっている   「この人だか…続きを読む

  • 石橋を叩かないで渡れる人ですか?

    ことわざに、   石橋を叩いて渡る という例えがあります。 『慎重すぎるほど注意をして、 絶対間違えないようにする形容です』   人生で、 色々な経験をしてくると、 過去の失敗や、苦しい悲しい経験が ひとつひとつ 慎重に物事を分別する 材料になります。   あなたは、 サロンで導入する手技や商品、 その他サービスを とても慎重に決めるタイプですか?   それ…続きを読む

2 / 212

pagetop

pagetop