アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

【Sawaiゼミ】お客様にもっと伝わるカウンセリングの仕方があるなら教えて欲しい

2017/12/04 カテゴリー:カウンセリングから物販,セラピストの美容知識

有効なお客様へのアドバイスの仕方

お客様に伝わるカウンセリング方法が知りたい

 

ファンメイクプロデューサー

澤居寿江です

 

お客様を思って伝えたアドバイスだけど

どうも聞いてないなぁ

絶対やらないだろうなぁ

 

このままでは良くないことを

私たちは知っているけど

 

その深刻さが伝わらないこと

ありませんか?

 

お客様の肌悩みの原因がお客様自身の生活習慣の場合

 

お客様のライフスタイルを聞いて

 

「あっつ、それが原因かも!」と

思える瞬間があります。

 

例えば、

 

  • メイクを落とさず寝てしまう
  • スキンケアがいい加減
  • 室内の暖房の風が直撃している
  • 洗顔方法がまちがっている

 

私たちからすると、

なぜそんなことが正せない!

と正直イライラしてしまうことも

 

 

お客様は自分のことをわかってくれない人の話は聞かないものです

 

特に女性のお客様は、

 

共感を求める生き物です。

 

「私のことを理解してくれている」

そう言う人の話を聞きたいものです。

 

だから、

当然ダメ出しはNGで

 

  • わかります
  • 面倒ですよね
  • 毎日忙しいですからね

 

などと言う

「あなたのことは理解できていますよ」

と言う言葉が必要になります。

 

ただし、

共感で終わってしまうのは

ただの不毛な会話で

プロのセラピストの姿勢ではありません。

 

 

 

共感と同調のあとにアドバイスがあってこそプロ対応

 

私もそうでした♪

 

これは魔法のような言葉です。

 

『私のことを理解してくれて、

更に同じ価値観であること』

 

 

ですよね~って思いますね。

 

ココロが開く

耳のシャッターが閉じていない

 

 

こう言う状態を

作りたいのです。

 

 

そこで一言、

 

 

そこで〇○ができるとイイですねのアドバイスを入れてみる

 

ひとり一人お客様のライフスタイルや美意識は違います。

 

 

だから、

 

〇○ならできる!

 

そんなアドバイスをするのです。

飛べるハードルを用意しましょう。

 

お客様はそもそも

 

自分ではできないから

プロに任せたいのです。

 

「できない」と思っていると言うコト。

 

では

まずできたこと…

 

それは

 

エステに来たことです!

 

お客様にとってのハードル

 

それはフェイシャルサロンの場合

 

  1. エステに通うコト
  2. 正しいホームケアをすること
  3. 化粧品を揃えること
  4. 生活を見直すこと

 

順番を追って

アドバイスをしてみてください。

 

あなたのファンでサロン予約を埋めるカウンセリング術を身につけましょう♪

 


pagetop

pagetop