アクセス

MENU

自宅サロンの集客ならTKbeauty Sawaiゼミ

セラピストスキルアップ術

自宅サロンでカード払いを導入する3つのタイミング

2017/04/10 カテゴリー:セラピストのサロン経営

自宅サロンでカード払いを導入すべきか

 

自宅サロンで商売を始めるにあたり、『支払い方法』を現金のみか『カード払い』か悩むところです。

なぜ悩むのか?それは、手数料の問題・経理の問題・需要の問題があるからです。

 

  1. カード決済のメリット
  2. カード決済のデメリット
  3. 自宅サロンに導入する方法

 

1,カード決済のメリット

私達はサロンで接客している中で、多かれ少なかれお客様に提案をしていきます。

例えば、今日の施術内容やホームケアアドバイス。

お客様はその提案やアドバイスを素直に受け入れたいと思ったとき、

まずはお財布と相談をします。

『現金もっていたかなぁ・・・』

お客様にとって、

「今日はお金がないから・・・」と断らせるのは不親切です。

 

私自身も、現金を持ち歩かない派になりつつあります。

サロンでカード払いができるのは、

お客様にとっても便利ですし、私たちにとってもご提案がしやすいのです。

もし、コース契約や高額商品がある場合は特に

お客様もカード払いがあると即決しやすいです。

 

カード払いも1括で決済しても、

後日ご自身で支払い回数を変更することができます。

(カード会社によります)

ご提案してみると、お客様もお買い物がしやすいですよ。

 

最近は、

直接カード会社と契約をしなくてもで導入が簡単になりました。

 

例えば、

楽天Pay PayPal Coineyなど、審査も通りやすく手数料もお手軽です。

 

毎月の固定費や事務手数料がなく、

決済手数料のみと言うのが可能になりました。

例に出したところを後でリンクしておきます。

 

2,カード決済のデメリット

 

もし、現金のお支払いをしていただいた場合と比較をすると

手数料分の利益がマイナスというようにはなります。

 

大体3%~4%が売り上げに対してかかってきます。

 

それでも

カード決済があるからお買い物をしていただけた。

そう思えるなら、

デメリットにはなりにくいと思います。

 

経理面で言うと、

カード決済の場合は、売り上げが売掛状態になります。

入金日まで現金が手元にないことも予測しなければなりません。

 

カード決済の限度額があります。

毎月の限度額を超えてしまうような決済があると使えなくなります。

 

3,自宅サロンに導入する方法

 

楽天Pay (楽天銀行の口座をお持ちでしたら翌日入金されます)

https://smartpay.rakuten.co.jp/

 

Pay Pal(セミナーやコンサルなどメールで事前決済ができます)

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/merchant

 

Coiney(メール添付による事前決済やサロンでのカード決済が可能です)

https://coiney.com/?referer=yhoo_s_1_1_0_0

 

 

手数料の比較や、使い方による利便性など

検討してみてください。

 

 

 


pagetop

pagetop